[PR]

 英中部マンチェスター中心部のイベント会場「マンチェスター・アリーナ」で22日午後10時33分(日本時間23日午前6時33分)ごろ、大きな爆発があった。米CNNによると、22人の死亡が確認され、少なくとも59人が負傷した。警察はテロ事件として捜査を始めた。

 会場では米人気歌手アリアナ・グランデさん(23)のコンサートが終わり、観客の退場が始まった直後だった。爆発は会場外のロビー付近で起きたとみられる。インターネット上には、爆発音に驚いた人々が、避難しようと悲鳴を上げながら混乱した様子で会場の出口に詰めかける動画が投稿された。コンサートには10代の少女ら多数の若者やその保護者らが参加していた模様だ。

 地元警察によると、負傷者は市内6カ所の病院に搬送されたという。ソーシャルメディア上には、連絡の取れないわが子や友人の安否情報を求める投稿が相次いだ。

 ロイター通信は米当局の情報として、自爆テロの可能性を報じた。英BBCは、事件現場に多数の釘が落ちていたとの目撃者の証言を伝えた。英国のメイ首相は23日未明(同23日午前)、「我々はおぞましいテロ攻撃として警察が捜査中の事件の解明に努めている」との声明を出した。メイ氏は23日に予定していた与党・保守党の総選挙キャンペーンを中止し、閣僚らによる治安対策の緊急委員会を招集する。

 会場に隣接するマンチェスター・ビクトリア駅は閉鎖され、地元警察は現場周辺に近づかないよう呼びかけている。

 またコンサート会場近くでは、新たに爆発物と疑われる不審物が見つかり、警察による爆破処理が行われた。警察はのちに不審物は投棄された衣類で爆発物ではなかったと発表した。

 グランデさんの代理人によると、グランデさんにけがはなかった。グランデさんはその後、「打ちのめされている。心の底からとても残念に思う。言葉もない」とツイートした。

 外務省邦人テロ対策室によると、23日午後1時現在、日本人の被害は確認されていないという。(ロンドン=渡辺志帆