[PR]

 米グーグル傘下の英ディープマインド社が開発した囲碁の人工知能(AI)「アルファ碁」と、世界最強と評される中国の柯潔(かけつ)九段(19)が戦う三番勝負が23日、中国浙江省の烏鎮(うちん)で開幕し、初戦は白番のAIが勝利した。第2局は25日の予定。

 対局は27日まで、グーグルが中国政府などの協力を得て開く「囲碁の未来サミット」の目玉として打たれる。賞金は150万ドル(約1億6600万円)。チェスや将棋など1対1で戦うボードゲームの中で、囲碁は着手の選択肢が天文学的に多いことからAIにとって最難関とされる。将棋では20日、佐藤天彦名人(29)がAIとの二番勝負で連敗したばかりで、今回の対局は「人類対機械の最終決戦」ともいわれていた。

 「アルファ碁」は人間の脳神経…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら