【動画】前川喜平・前文部科学事務次官が会見
[PR]

 「黒を白にしろと言われる」。加計(かけ)学園の計画を巡る文部科学省の文書が発覚して1週間あまり。同省の官僚トップだった前川喜平・前事務次官(62)が25日、公の場で舞台裏を証言した。冷静な口調で語ったのは、政権中枢から感じた圧力と、いまの政策決定のあり方への疑問だった。

 東京・霞が関の弁護士会館。報道各社に会見が知らされたのは開催の30分前だったが、100人以上の報道陣が詰めかけた。

 午後4時過ぎ、前川喜平氏は弁護士に付き添われ、姿を現した。紺のスーツにグレーのネクタイ。席に座ると両手を前で組み、口を結んだ。

 「文科省の中で作成され、幹部の間で共有された文書で間違いない」。冒頭の発言で真っ先に切り出したのは、「総理のご意向」などと伝えられたと記された文書の真偽だった。「あったことをなかったことにはできない」などと会見を開いた理由を述べた。

 前川氏は、民進党が国会で示し、文科省に調査を求めたA4判8枚の文書について「いずれも真正な本物」と説明。文科省が「該当する文書の存在は確認できなかった」という調査結果を出したことに、「大変残念」「改めて調査をすれば存在は分かることだと思う」と述べた。国会の証人喚問に応じるか尋ねられると、迷う様子もなく「あれば参ります」と返した。

 前川氏は、閣議決定された条件を満たさないまま獣医学部の新設方針が決まったとし、「極めて薄弱な根拠の下で規制緩和が行われた」「(文科省が)負いかねる責任を負わされた」と述べた。

 「これ以上行政のあり方をゆがめることのないようにしてほしい」。そう訴えた前川氏に対し、報道陣の質問が集まったのは、獣医学部新設の舞台裏で何があったかだ。

 「加計学園ありきだったのか」との質問に、前川氏は淡々と答えた。「暗黙の共通理解としてあったのは確か。内閣府でも文科省においても議論している対象は、加計学園のことだという共通認識のもとで仕事している」「口に出して加計学園という言葉を使ったかどうか、そこは使っていない場合が多いと思う」

 文書が公になって以降、安倍晋三首相がコメントしていないことを問われると、「私はコメントする立場にない」とかわした。一方で、いまの政権と行政の関係への疑問も口にした。

 「現在の文科省は官邸、内閣官房、内閣府といった中枢からの意向、要請について逆らえない状況がある」「政権中枢の力が強まっていることは事実だ」

 そのうえで繰り返したのは、文…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら