【動画】ラジオ体操の曲に合わせてレゲエダンス=吉村真吾撮影
[PR]

 今のラジオ体操がNHKの放送で始まって約65年。いま、一風変わった「ラジオ体操」がじわじわと人気を集めている。流れるのはおなじみの「ラジオ体操第1」のメロディーだが、振り付けはレゲエ。「老若男女、誰でも踊れる」と話題になり、SNS上では「『恋ダンス』の次はこれ」との声も広がる。

メロディーはそのままに、13種のレゲエ動作

 「まずは手足の運動から~」。東京都渋谷区のスタジオにおなじみのかけ声が流れると、ダンサー3人が中腰になり、見たこともない動きを始めた。「イチ、ニイ、サン、シ」のリズムに合わせて腕を交差させ、右へ、左へ。レゲエの「シバ」の動きだ。

 「腕を回します」「足を横に出して腕を伸ばします」。流れはすべて1951年から放送されている原曲と同じだ。それに合わせたオリジナルの「レゲエ体操」は、2分30秒間に13個の動作で構成される。

 「レゲエを知る人なら、誰でも踊れる動きです」と振り付けを考えたレゲエダンサー増渕朱公(しゅこう)さん(29)。増渕さんは大学時代にレゲエにはまり、映像制作会社で働きながらダンサーとして活動する。「レゲエをもっと多くの人に知ってもらえないか」。3年ほど前から頭を巡らせていた。

 ジャマイカ発祥のレゲエは「同じ振り付けをみんなで踊る」ことが文化。日本ゆかりの盆踊り、ソーラン節も頭に浮かんだ。みんなで踊れるものを考え続けていたある日、DJがダンスホールにラジオ体操を流した。客も帰り、3~4人しかいなかったが即興で踊ると、場が盛り上がった。

1日で振り付け、拡散のきっかけは女性タレント

 「これ、アレンジしたら面白いんじゃね」。増渕さんの頭の中で「手足の運動」と「シバ」の動きがぴたりと合った。一緒のダンスチームで活動していた喜屋武(きゃん)真茂さん(30)と、通しの動きを1日で作り上げた。

 2015年夏にはスペインのレゲエフェスティバルに参加し、外国人400人に披露した。「スペインでも踊らせてくれ」と反響があったが、それから2年ほど動きはなかった。

 火がついたのは今年5月だ。動画を見たタレントの西山茉希さん(31)が「小学校時代からこっちがよかった」などと投稿。「ダンスの授業でとりあげてほしい」「恋ダンスの次はこれがはやる」とSNSで拡散し、再生回数は2週間で5万回を記録した。

夏休み控え、「老いも若きも」

 北は北海道、南は沖縄まで、各地で踊った動画がSNSに投稿され、埼玉県のある自治体からは「みんなで踊りたい」と依頼がきた。小学6年の五十嵐愛雫(あみ)さん(11)は「学校ではあまりラジオ体操はやらないので、レゲエ版のほうがなじみがある」とまでいう。

 都内の私立小学校に通った増渕さんにとってラジオ体操は「正直、あまりまじめに踊った記憶はない」。ふざけてジャンプしたり、ものすごく小さく手を動かしたりした。「毎回やると飽きてくる。それを面白くできたのがウケたと思う」

 小学生らが校庭や公園に集ってラジオ体操に励む夏休みはもうすぐ。「子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで、一緒にレゲエで踊ってもらうのが夢ですね」と胸をふくらませる。(照屋健、吉村真吾)