[PR]

 囲碁の世界最強棋士と人工知能(AI)が戦う三番勝負の最終第3局が27日、中国浙江省烏鎮(うちん)で打たれ、米グーグル傘下の英ディープマインド社が開発したAI「アルファ碁」が中国の柯潔(かけつ)九段(19)を破り、3戦全勝でシリーズを終えた。囲碁は着手の選択肢の多さからAIにとって最難関とされていたが、チェス、将棋に続いてAIが完勝。1対1で戦うボードゲームでの人間対AIの戦いに、決着をつけた形となった。(烏鎮=大出公二)

■人間対人間の価値、下が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら