[PR]

 東讃地方を自転車で巡る「ツール・ド・103(とうさん)」が28日開かれた。東かがわ市のとらまる公園を発着点に、ロングコース(約103キロ)とショートコース(約60キロ)を計約350人が疾走した。

 ロングコースは、山間部の東かがわ市五名地区からさぬき市の大串半島を経て、瀬戸内海沿いを走ってゴール。東かがわ市引田では和三盆、同市五名ではいのししカレーなど、各休憩ポイントで地元特産品が振る舞われた。

 岡山県玉野市から自転車仲間と4人で参加した会社員藤原英之さん(29)は「きれいな瀬戸内海を見ながら、ゆっくり走れて良かった」と話した。