[PR]

 50万人以上が見物に訪れる大阪府岸和田市の「岸和田だんじり祭」の今年のPRポスターに暴力団組員が写っていたとして、祭りの運営組織が約4千枚を作り直すことを決めた。府警や市観光振興協会への取材でわかった。府警から「市暴力団排除条例に抵触する恐れがある」との指摘を受けたためで、一部を配っていたが、回収したという。

 ポスターには、昨年の祭りでねじり鉢巻きを締めてだんじりを引く法被姿の数十人が写っており、うち1人が指定暴力団「神戸山口組」(本部・兵庫県淡路市)の中核組織「山健組」(神戸市中央区)系の組員だった。印刷後の今月25日、運営組織側から岸和田署に「組員らしき人物がポスターに入っている」と相談があった。市暴排条例では、運営者は組員を関与させない措置を講じると定めている。

 だんじり祭は交差点を勢いよく曲がる「やりまわし」で知られ、今年は9月16、17日に開かれる。