[PR]

 女子高校生をアダルトビデオ(AV)出演に勧誘したとして、大阪府警は29日、住居不定のDVD製造販売業、金沢新一容疑者(48)を職業安定法違反(有害業務の募集)の疑いで逮捕し、発表した。「コスプレモデルとして募集し、AVに出演させた」と話しているという。

 保安課によると、金沢容疑者は2014年10月、府内の高校3年生だった少女(当時18)をAVに出演させる目的でインターネットサイトで募集し、勧誘した疑いがある。

 サイトでは「アイドルグループのような服装でモデル撮影」「報酬は1日5万円」などと募集。女性を美容院や食事に連れ出した後に身分証を撮影し、「AV出演を断るなら美容院代を返せ」「断ると大変なことになる」などと迫っており、府警は撮影を強要していたとみて調べている。

 撮影の際、女性に報酬などを記した「確認書」にサインさせており、府警は1都2府16県の住所が書かれた約200人分を押収したという。撮影したDVDは別のサイトで販売し、府警は今年4月までの4年半で約1億4700万円を売り上げたとみている。

 AV出演強要をめぐっては全国的に問題化しており、政府も対策に乗り出している。