[PR]

 「俺が監督だったあの8年間で認めた数少ない選手だ」。プロ野球で通算2千安打を記録した中日ドラゴンズの荒木雅博内野手(39)に、監督として間近で接してきた落合博満氏(63)が、まな弟子の人柄から練習での裏話まで、すべてを語り尽くした。

 俺が中日の監督に就くことが決まったとき。荒木は「もうダメだ」と、あきらめかけたという。打撃三冠王の俺が守りの野球をやるという発想は、当時の中日の選手にはなかった。大量点を狙う野球をやると思ったらしい。そうなると、打撃が下手な選手は試合に出られないだろ?

 だけど走攻守3拍子そろった選手はまず、いない。俺も1人の選手にすべての才能を求めなかった。荒木は、代走を足がかりに試合に出られるようになった選手。消化した試合数よりも1本多くヒットを打て。それをお前の調子の目安にする。そうは伝えたけど、打ってくれなくても良いと思って使い続けた。

 例えば、走者一塁の場面。併殺崩れで走者として残る。その後、二盗を決めてくれればOK。むしろ、足の速いアイツが残ってくれたほうが、相手チームに脅威を与えやすい。互いに競い合っていた2番井端は、荒木のその「足」をうまく利用していたな。

 試合後、「ヒットエンドランがうまく決まりましたね」と報道陣からよく言われたが、俺がサインを出したことはほぼ無い。荒木には状況次第でいつでも走って良いと言ってあった。荒木が投手に重圧をかけて変化球を投げられない状態にし、井端が勝手に打つ。それが強い中日を支えた「アライバ」だったんだ。

 荒木のもう一つの売りは、他に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも