[PR]

 日本茶発祥の伝承がある日吉茶園(大津市坂本4丁目)から分けてもらった茶の木が甲賀市で育ち、収穫された茶葉から初めて茶がつくられた。日吉茶園では栽培面積が限られ十分な収穫量がないなか、日吉茶園ゆかりの茶葉だけでつくった「幻の茶」に関係者の注目が集まっている。

 熊倉功夫・前静岡文化芸術大学長(日本茶道史)によると、日本の史料で最初に出てくる茶の記録は「日本後紀」だ。815年に嵯峨天皇が近江国韓崎(現在の大津市唐崎)に行幸した際、高僧が茶を煎じて嵯峨天皇に差し上げたと記録されている。熊倉さんは「嵯峨天皇が近江に茶園を造らせたとも記されており、最古の茶園の一つであることは間違いない」とみる。

 日吉大社の言い伝えを安土桃山時代にまとめた「日吉社神道秘密記」によると、805年、最澄が留学先の唐から茶の種子を持ち帰り、比叡山のふもとに植えたと記載されている。京阪電鉄坂本駅前の大社の所有地にある日吉茶園の木はその一部と伝わっている。

 ただ、日吉茶園は現在約50平…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら