【動画】インドネシアの民族楽器アンクルンを演奏する障害者の音楽サークル「コンブリオ」=田中祐也撮影
[PR]

 障害のある子どもたちがインドネシアの楽器「アンクルン」を演奏する音楽サークル「con brio(コンブリオ)」が、橿原市を拠点に活動している。メンバーは力をあわせて音を奏でる喜びを感じながら、練習に打ち込む。秋には初めての単独演奏会を開く。

 2011年8月に設立。現在は身体障害などがある10~20代の15人が、月に一度集まって練習している。

 「生き生きと」を意味する音楽用語「con brio」から名付けた。子どもに生き生きとした人生を送ってほしいという親の思いが込められている。

 アンクルンはインドネシアの竹…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら