[PR]

 沖縄戦からさかのぼること、ちょうど10年前。1935年の沖縄の人々の暮らしが、写真でよみがえった。はだしで走る少年や、フカ(サメ)取り名人――。そこに写っている人々は、これから沖縄に起こることを、まだ知らない。

■糸満の漁村、いきいきと

 海から上がったばかりだろうか。麦わら帽をかぶり、長いダツなどの魚を運ぶ漁師。残された写真の説明には「釣った魚を舟の櫂(かい)に吊(つる)し、魚を運ぶ漁師 糸満で」とあった。

 写真の石積み護岸の形などから、現在の糸満市糸満、前端(まえばた)区にあった漁港、新島浜(みいじまばま)一帯とみられる。

 漁師の左側を走る子は、はだしだ。足元辺りは地ならしされているが、さらに奧は砂場のように地面が波打っている。奥には荷馬車が写る。

 糸満市糸満の漁業、玉城亀助さん(86)ら複数の人が「干潮時の浅瀬から海砂を運び出し、埋め立てに使った」と証言している。

 この写真を含め、糸満で撮影された写真には、子どもの姿が多く写っている。

 上田不二夫・沖縄大学名誉教授…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら