【動画】F35Aの国内生産1号機を公開
[PR]

 今年度から航空自衛隊への配備が始まる最新鋭の戦闘機F35Aのうち、日本で組み立てられた最初の機体が5日、三菱重工業小牧南工場(愛知県豊山町)で報道公開された。全長約16メートル、全幅約11メートルで1人乗り。レーダーで探知されにくいステルス機能を備えている。

 空自が現在運用するF15やF2など他の戦闘機と比べ、機体胴体部の凹凸がほぼないのが特徴だ。防衛省幹部は「レーダーに探知されにくい形状を追求した。機体の素材、塗装にも最新の技術を結集した『究極のステルス機』だ」と話す。

 F35は米国を中心に9カ国が共同開発。野田政権(当時)が2011年、F4戦闘機の後継機として計42機の導入を決めた。価格や納期などの調達条件を米政府が決める「有償軍事援助(FMS)契約」による調達だ。

 防衛省によると、12年度から予算計上が始まり、最初に契約された4機については米国で組み立てられた。戦闘機の製造に国内企業を参画させる狙いから、残りの38機については小牧南工場で機体の最終組み立てや検査が実施される。

 この日、公開されたのは、13年度予算で契約され、小牧南工場で組み立てられていた機体で「国内生産初号機」となる。同年度契約分(2機)は1機約140億円。

 米国で組み立てられた最初の4機は16年度末までに日本側に引き渡された。空自のパイロットがこの機体を使って米国で操縦訓練を続けている。(土居貴輝)