[PR]

 デレク・ジーター。ニューヨーク・ヤンキースの名選手にして、元キャプテン。「背番号2」は、数々の栄光に輝き続けてきた。しかし、現役時代は、自らを振り返ることを意図的に避けてきた。球史に残る活躍ぶりを、いくら記者が問うても、「そんなこと、あなたたちのように椅子に座ってゆっくり考えているひまはないよ」とはぐらかしていた。

 ジーターは2014年に引退した。引退後、新たな人生のスタートを切ったが、相変わらず多忙な日々だ。人気モデルのハンナ・デービスと結婚、まもなく父親になる。ビジネスとして、出版事業を始めた。大リーグのマイアミ・マーリンズを買収しようとしているグループ事業の一部だ。

 だが、いくら多忙を理由に大リーグ時代を振り返るのを避けてきても、過ぎ去った20年間のキャリアを追想する時は、いやが応でもやってくる。

 5月14日、ヤンキースタジア…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも