[PR]

 朝日新聞社は3、4両日、東京都内の有権者を対象に電話による世論調査をした。23日告示の都議選に向けて現時点の投票先を尋ねると、小池百合子知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」(都民ファ)が27%で、自民党と並んで最も高かった。4月の調査では自民31%、都民ファ20%だった。

 調査は4月1、2日の前回に続いて2回目。小池氏は調査直前の6月1日に自民に離党届を出し、都民ファの代表に就いた。五輪や築地市場の問題で、自民党は「決められない知事」と批判を強めるが、都民ファの勢いを示した形だ。支持政党別では自民支持層(全体の37%)の28%も都民ファに投票すると答えた。

 都議選への関心度は、「大いに関心がある」が44%(前回37%)、「少しは関心がある」が49%(同51%)。2013年の前回都議選の告示後の調査では、「大いに関心がある」は20%にとどまっていた。今回「大いに関心がある」と答えた人でみると、投票先を都民ファと答えたのは35%(同34%)で、自民は15%(同19%)だった。

 小池氏は公明党などの支持勢力と共に都議会の過半数(64議席以上)をめざしている。「都議選で過半数を占めた方がよいか」を尋ねると、「占めた方がよい」が53%、「占めない方がよい」は29%だった。

 都民ファは国政進出の可能性も取りざたされているが、「衆院選など国政選挙でも候補者を立てて、国政に進出してほしいと思うか」という質問では、「進出してほしい」が37%で、「進出してほしくない」が43%と上回った。

 小池氏を「支持する」と答えたのは70%(前回74%)で、男性63%、女性76%。自民に投票すると答えた人も59%が支持した。小池氏を支持する理由は、「改革の姿勢や手法」が42%、「これまでの知事よりもよい」が40%だった。小池氏を「支持しない」は13%(同15%)だった。

 「築地市場の豊洲への移転を今後も目指すべきかどうか」という質問では、「今後も目指すべきだ」が53%(同55%)、「やめるべきだ」が31%(同29%)で前回とほぼ同じだった。(石井潤一郎)