[PR]

 人気アイドルグループのコンサートチケットを他人名義で不正に購入したとして、京都府警は5日、東京都中野区野方4丁目、陸上自衛隊関東補給処用賀支処所属の防衛技官、永井博容疑者(43)を電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 サイバー犯罪対策課によると、永井容疑者は昨年8月~10月、ジャニーズ事務所のアイドルのファンクラブ向けサイトで、「嵐」や「関ジャニ∞(エイト)」のチケット計67枚(計55万300円相当)を他人になりすまして購入した疑いがある。

 同課によると、永井容疑者は職場の同僚らの名義を無断で使いファンクラブに登録し、チケットを購入。多くをネットオークションで転売していた。一部のチケットは原価の23倍の約30万円で売れ、これまでに少なくとも約2千万円の売り上げがあったとみている。