[PR]

 水素だけでなく一酸化炭素でも発電できる燃料電池の新しい触媒を、九州大の小江(おごう)誠司教授(生物無機化学)らが開発し、6日付の独化学会誌(電子版)で発表した。いまの燃料電池では「厄介者」として働く一酸化炭素を、燃料として使えるようになるため、燃料電池のコスト削減につながると期待される。

 水素と酸素を電極で化学反応させて発電する燃料電池は、反応を進める触媒として白金が使われる。だが、燃料となる水素ガスに含まれる微量の一酸化炭素が触媒の働きを阻み、発電効率が悪くなる課題がある。水素ステーションの水素ガスを高純度にする必要があるなど、燃料電池車の高コスト化の一因になっているという。

 小江教授は、一酸化炭素を燃料とする燃料電池のような反応が自然界にあることに着目。熊本・阿蘇で見つけた細菌の酵素の特徴をまねた触媒を初めて合成した。この触媒を炭素繊維に塗った電極で実験すると、水素と一酸化炭素が同量ずつ含まれたガスでも燃料電池は正常に働いた。

 小江教授は「白金に比べて発電量はまだかなり落ちるが、燃料電池車のコスト問題を解決する第一歩になる」と話している。(小林舞子)