【動画】京都・宇治で「暗夜の奇祭」県祭(あがたまつり)開かれる=小山琢撮影
[PR]

 「暗夜の奇祭」として知られる京都府宇治市の県祭(あがたまつり)が、5日から6日未明にかけて市中心部で開かれた。クライマックスの「梵天渡御(ぼんてんとぎょ)」では、県神社と県祭奉賛会の男たちが、御幣(ごへい)を束ねた梵天をかつぎ、それぞれ練り歩いた。

 県神社では午前0時前、消灯して月明かりだけに照らされた境内から梵天が担ぎ出された。神社前で縦や横に激しく振ったり、豪快に回したりすると、見物人から拍手がわいた。