[PR]

 自分が使う携帯電話を他人名義で契約したとして、兵庫県警は6日、指定暴力団神戸山口組(本部・同県淡路市)の組長、井上邦雄容疑者(68)=神戸市北区鈴蘭台東町9丁目=を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。井上容疑者は2015年8月に指定暴力団山口組(本部・神戸市灘区)から分裂して発足した神戸山口組のトップ。両団体の分裂後、トップが逮捕されるのは初めて。

 暴力団対策課によると、井上容疑者の逮捕容疑は30代の知人女性と共謀し、13年11月8日、神戸市内の携帯電話販売店で、自分が使うことを隠したまま、知人名義で携帯電話の機種変更契約を申し込み、携帯電話1台をだまし取ったというもの。携帯電話は以前から井上容疑者が使用していたもので、今年4月中旬に解約されていたという。

 県警は6日朝、神戸市北区の自宅を詐欺容疑で家宅捜索。同じころ井上容疑者が県警葺合(ふきあい)署に出頭した。「知人が契約した携帯電話を使っていた」と話し、容疑を認めているという。

 携帯電話各社は暴力団排除条例の制定などを受け、規約や約款で「反社会的勢力の排除」の条項を設け、暴力団組員や関係者との契約を禁じている。

 山口組と神戸山口組が分裂した後、さらに今年4月には神戸山口組から一部の直系組長らが離脱し、「任俠(にんきょう)団体 山口組」が結成された。分裂は事実上三つどもえ状況にあり、緊張状態が続いている。

■神戸山口組をめぐる主な動き

【2015年】

8月27日 山口組が分裂。離脱派が神戸山口組を結成

【2016年】

3月7日 警察庁が山口組と神戸山口組が抗争状態にあると認定

4月15日 神戸山口組が指定暴力団に

5月14日 山口組と神戸山口組が和解交渉。条件めぐり決裂

5月31日 岡山市で神戸山口組直系団体の幹部射殺。その後、山口組系組員が逮捕され、岡山地裁で無期懲役判決

7月15日 名古屋市で神戸山口組系組幹部射殺。その後、山口組系組幹部ら3人逮捕

【2017年】

1月 指定暴力団の会津小鉄会(京都市)が分裂。山口組派と神戸山口組派に分かれ対立

4月30日 神戸山口組の一部の組員が離脱。新組織「任俠(にんきょう)団体 山口組」を結成