写真・図版

[PR]

 がんは高齢になるほどなりやすく、診断される人の7割を65歳以上が占める。がん治療の柱の一つである抗がん剤は、吐き気や痛みといった副作用を伴うことも多い。ほかの病気も抱えがちな高齢者は、どんな場合に抗がん剤治療を始め、使う際にはどんな点に注意すべきなのか。

 東京都内の女性(80)は3年前の秋、急激にやせ始めたので東京女子医大病院を受診し、進行した食道がんと診断された。計2カ月ほど入院し、点滴するタイプの抗がん剤治療と放射線治療を受けた。この前後から味覚障害がでて、今も残るという。

 退院後は8歳上の夫と2人暮らし。夫は身の回りのことはできたがひざが悪かった。散歩に出かけるときや家の中でも転倒しないか心配で、見守りが必要だと女性は感じていた。抗がん剤治療を続けて体調が悪くなったら、夫を助けることができない。そう考えた女性は退院後、抗がん剤治療を受けなかった。

 だが今春、夫が亡くなり、通院…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら