[PR]

 ゲーム・パチンコ機器大手「セガサミーホールディングス」の里見治会長の自宅が2015年1月に発砲された事件で、警視庁は7日、指定暴力団神戸山口組系組員の山本孝博容疑者(54)=恐喝事件で公判中=を銃刀法違反(発射、加重所持)などの疑いで逮捕し、発表した。

 組織犯罪対策4課によると、逮捕容疑は15年1月8日、東京都板橋区の里見会長宅に向けて拳銃を発砲するなどしたというもの。

 この事件では、警視庁が6日夜、住所不定、無職松島高夫(55)、自称不動産業古川浩昭(36)=東京都練馬区=の両容疑者を同じ容疑で逮捕している。同課はこの2人が実行役で、山本容疑者が指示役だったとみて事件の背景を調べている。15年1月14日未明にも里見会長宅に対する発砲事件があり、同課が関連を調べている。