【動画】母子3人が殺害された住宅では、警察の捜査が続けられていた=森下東樹撮影
[PR]

 福岡県小郡(おごおり)市小板井の住宅で6日朝、母子3人の遺体が見つかった事件で、県警は8日、夫で県警通信指令課の巡査部長、中田充(みつる)容疑者(38)を妻への殺人容疑で逮捕した。記者会見し、発表した。「そのようなことはしていません」と容疑を否認しているという。

 県警は当初、妻が子ども2人を殺害後に自殺した無理心中の可能性があると説明。一転して現職警察官が殺人容疑で逮捕されるという、異例の展開となった。

 会見で久田誠・警務部長は「警察官が重大な犯罪を起こしたことを重く受け止めている」と厳しい表情で語った。

 逮捕容疑は6日午前0時から同6時までの間に、自宅で妻由紀子さん(38)の首を絞めて殺害したというもの。「現場の見分や容疑者の出勤状況などから、他者の介在は難しいと判断した」のが逮捕の決め手とした。

 室内では小学4年の長男涼介さん(9)、小学1年の長女実優(みゆ)さん(6)も首をひものようなもので絞められて殺害されていた。2人の殺害について県警は「今後の捜査で明らかにする」と述べるにとどめた。

 一家は4人暮らし。6日午前8時半ごろ、子ども2人が登校してこないと小学校から中田容疑者に電話があり、連絡を受けた由紀子さんの姉が家を訪ね、遺体を発見。子ども2人は2階の布団の上で、由紀子さんは1階台所で倒れていた。死因は3人とも窒息死。

 中田容疑者はこれまでの県警の任意聴取に「6日午前6時45分ごろに仕事で家を出る時、3人はまだ寝ていた」と説明。だが司法解剖の結果、死亡推定時刻は子ども2人が6日午前0~5時ごろ、由紀子さんが午前0~9時ごろと判明した。子ども2人は出勤前に死亡していたことになり、県警は中田容疑者の説明に不自然な点があるとみて、調べを進めていた。

 由紀子さんには目立った外傷はなく、そばに練炭があったことなどから、県警は当初、由紀子さんが無理心中を図った可能性があると発表。司法解剖で首の内部出血が見つかり、一転して殺人事件と断定した。

 久田誠・警務部長は「姉が遺体を見つけた時、室内に煙が充満していた」と認めた上で、練炭があった理由は「捜査中」とした。姉については県警は事件に無関係とみている。(菅原普)

■現職警察官が関与したとされる過去の殺人事件

2000年12月

神奈川県警の男性警部補(42)が同僚の女性音楽隊員(28)を刺殺し、自殺

07年8月

警視庁の男性巡査長(40)が飲食店従業員の女性(32)を射殺し、拳銃自殺

14年4月

警視庁の男性巡査(24)が交際相手の女性巡査(24)を刺殺し、自殺

15年1月

大阪府警の男性巡査長(26)が交際相手の女性(23)を絞殺したとして逮捕

15年9月

埼玉県警の男性巡査部長(31)が民家に侵入し、住人男性(58)を絞殺したとして逮捕

※肩書、年齢はいずれも当時