[PR]

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)は8日、人気ゲームキャラクター「マリオ」などを使った任天堂の新エリアの着工式を開いた。任天堂のテーマパークは世界で初めて。USJとしては過去最大の600億円超を投じ、2020年の東京五輪前の開業をめざす。

 任天堂の新エリアは「SUPER NINTENDO WORLD」。自動車レースのゲーム「マリオカート」を再現した乗り物アトラクションなどが楽しめるという。映画「ハリー・ポッター」をテーマにしたエリアの西側にある駐車場につくり、レストランやショップなどが入る2階建てとなる計画だ。USJは、国内外で知られるマリオなどを活用することで、集客力を高めるねらいだ。

 着工式にはUSJのジャン・ルイ・ボニエ社長や、「スーパーマリオブラザーズ」を手がけた宮本茂・任天堂代表取締役らが出席。ユニバーサル・パークス&リゾーツのデザイン開発グループのトップ、マーク・ウッドベリー氏は「革新的技術を駆使したものになる」と説明した。関係者がマリオとともにゲームに出てくる「ハテナブロック」をたたくような動きをすると、着工を祝う花火が上がった。