[PR]

 高額なC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品が流通した問題で、厚生労働省は8日、偽造品の流通を防ぐための再発防止策をまとめた。夏ごろに省令を改正する。

 偽造品の流通防止を議論するこの日の同省検討会で対策案が示され、おおむね了承された。案によると、卸売業者や薬局は、医薬品を開封して販売する際、開封した業者や薬局名、その住所などを表示する。後からたどれるよう紙に書くことなどを想定しているという。

 医薬品を仕入れる際には、運転免許証などで販売業者らの身元を確認し、仕入れた側が帳簿に記録することを求める。外箱がないとか添付文書がついていないなど偽造品とみられる医薬品を見つけた際は、自治体に報告するといった対策も盛り込んだ。

 ハーボニーの偽造品をめぐっては、偽造品を仕入れた東京都内の卸売業者が、どこから購入したかを記録する際に架空の会社名を記載していた。このため流通経路は今も明らかになっていない。(福地慶太郎)