[PR]

 「なごやめし」といえば、みそかつ、手羽先、ひつまぶしがよく知られている。でも実は、みそ煮込みうどん、きしめん、あんかけスパゲティなど麺類も多い。なかでも、うどんへの愛着はひとしおで、町おこしにも活用されている。

 名古屋市の1世帯(2人以上)が1年間に外食で使った金額のうち、「日本そば・うどん」に費やされたのは、2014~16年の平均で8669円(総務省家計調査)。「うどん県」の高松市や、そばが有名な福井市などに続き、全国で5番目に多い。

 製麺も盛ん。農林水産省の統計では、09年(同年で集計終了)の愛知県のうどん(生・ゆでめん)生産量(小麦粉使用量)は約1万600トン。香川、埼玉、群馬県に続く4位だ。

 名古屋には「独特」のうどん文化もある。店のメニューでよく見かける「ころうどん」は、冷たい麺に冷たいつゆをかけた名古屋生まれのうどんだという。

 「麺とつゆ本来の味を楽しむ通好み。名古屋と周辺以外にはないでしょうね」。そう話すのは愛知県製麺工業協同組合の理事顧問を務める加古守さん(73)。1918(大正7)年創業の製麺会社「角千本店」(名古屋市北区)の社長でもある。65(昭和40)年ごろ、名古屋市内のあちこちにあった公設市場内のうどん店の多くが、ころうどんを提供していたという。

 名古屋のうどんの特徴は、小麦…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら