[PR]

 三菱自動車は2020年をめどに新たな電気自動車(EV)を販売する検討に入った。軽自動車「eKシリーズ」をEV化する方向で、三菱自が生産し、同グループの日産自動車にも供給する。販売中の軽のEVより価格を抑え、日常の足としての需要を開拓する。

 益子修社長が朝日新聞の取材に明らかにした。三菱自は軽自動車「eKシリーズ」を水島製作所(岡山県倉敷市)で生産、販売しており、日産では「デイズ」のブランドで販売している。18年度に全面改良し、水島での生産も続ける見通しで、20年をめどにEVも追加する方向で調整する。三菱自は現在、軽のEV「アイミーブ」を販売しており、その後継車としての位置付けとなる。

 軽は国内市場の3~4割を占め…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも