[PR]

 5月31日にあったサッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦の浦和―済州(韓)で乱闘騒ぎが起きた問題で、アジア・サッカー連盟(AFC)は9日、6カ月の出場停止など、済州3選手に処分を科したと発表した。また、試合後の小競り合いにクラブ関係者が加わったとして、済州に約440万円、浦和に対しても約220万円の罰金処分を科した。

 騒動は、終了間際の反則を巡る小競り合いがきっかけ。試合が終わると両チームの選手、スタッフがピッチ内でもみ合いになった。

 すでに警告2枚で退場処分を受けていながら、試合後に再びピッチに戻って主審を押すなどした済州DF趙容亨が、練習試合を含め6カ月の試合出場停止と罰金(約220万円)という重い処分となった。

 試合中にベンチからピッチに乱入し、浦和MF阿部にひじ打ちをして退場となったDF白棟圭は、3カ月の出場停止と罰金(約165万円)、試合後に浦和選手をたたいたDF権韓真は、AFCの大会での2試合出場停止と罰金(約11万円)の処分を受けた。

 試合は浦和が延長戦の末3―0で勝ち、2戦合計3―2で準々決勝に勝ち上がった。浦和はAFCに対して、意見書を出していた。