[PR]

 森友学園関連の「高等森友学園保育園」(大阪市淀川区)の保育士不足問題で、市は9日、同園から同日ごろまでに保育士を確保する見込みと説明されていたにもかかわらず、市に終業時刻の午後5時半までに連絡がなかったと明らかにした。

 市によると、同園は5月24日の提出文書で、6月9日ごろまでに常勤保育士ら計7人を確保できる見込みとしていた。同園には1日時点で0~5歳の36人の園児がおり、市の基準で常勤保育士6人が必要。確保できない場合、市は事業停止命令を出す方針で、26日の専門家の会合で意見を聴き、判断する。