[PR]

 国際オリンピック委員会(IOC)は9日、スイス・ローザンヌで臨時理事会を開き、2024年五輪に立候補している米ロサンゼルスとパリの2都市から28年五輪の開催都市も選ぶという異例の方針を承認した。ロサンゼルス側はパリに譲る意向を示唆しており、24年はパリ、28年はロサンゼルスでの開催に向けた流れが加速しそうだ。

 IOCは7月11、12日にローザンヌで臨時総会を開き、賛同が得られれば、9月の総会(ペルー・リマ)で2大会の開催順を諮る。

 バッハ会長は「西欧を中心に、五輪招致は市民から政府、スポーツ界、財界などが結託して公金を浪費する事業だと懐疑的に見られている」と、近年の招致機運の低下の背景を分析。過去に2度ずつ五輪を開いた実績があるロサンゼルスとパリが立候補する状況は「これ以上ない絶好の機会で、安定という報酬が得られる」と語った。2都市は9日、IOCの方針を歓迎する声明を発表した。

 24年大会招致はブダペスト(…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら