[PR]

 劇団四季のミュージカル「アンデルセン」が10日、福岡市博多区のキャナルシティ劇場で開幕した。約1千人が観劇し、カーテンコールで歓声を上げた。

 福岡に四季が常設劇場を構えるのは7年ぶりで、同劇場を2020年5月まで3年間借り上げる。過去には集客が伸び悩み、一度撤退したことも。

 劇団の吉田智誉樹(ちよき)社長は「今回は靴ひもを結び直して臨みます」。次の8月開幕のミュージカル「リトルマーメイド」のロングラン公演が、成否を占う。