大学生はどんな生活を送り、何を考えているのか――。全国大学生活協同組合連合会(東京都)が毎年実施している「学生生活実態調査」の最新結果から、「素顔の大学生」を探ってみた。

 調査は昨年10~11月に実施され、全国の国公私立大学30校に通う1万155人が回答した。

 学生の懐事情はどうなっているのか。

 自宅生の場合、1カ月の収入合計は6万2310円(前年比120円増)。内訳を見ると、アルバイト収入が3万5770円(同1810円増)で、2001年以降最も高くなった。一方で「小遣い」は1万4270円(同770円減)で、40年前の1976年以降、最も低い金額になった。

 下宿生の場合、収入合計は12万820円(同1760円減)で、実家からの「仕送り」が7万610円(同830円減)を占めた。90年代には平均で9万~10万円あった仕送りは、この数年は7万円前後で推移しており、減少傾向だ。対照的に「アルバイト」の収入は、2万7120円(同1800円増)で、70年以降最も高くなった。

 支出の平均をみると、自宅生が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら