[PR]

 金融に関する知識が全国最下位との結果が出ている県民に役立ててもらおうと、日本銀行甲府支店や県、県銀行協会などでつくる県金融広報委員会は12日、インターネットサイトを作った。金融知識を身につけるクイズや講演・講座の案内、教材、相談窓口などを掲載している。

 金融広報中央委員会(事務局・日本銀行)が昨年2~3月に実施した「金融リテラシー調査」では、保険や利息などについての正誤問題の県民の正答率は48・7%(平均55・6%)で都道府県別で最下位だった。投資信託などをどのような商品か理解せずに利用した人の割合は1位。トラブル時の相談窓口を知っている割合も最下位だった。

 調査では、正答率が低い都道府県では多重債務や振り込め詐欺など金融トラブルを経験した割合が高いという結果が出た。このため日銀甲府支店の竹内淳支店長の肝いりで、対策の一つとしてサイトを作った。

 内容は、調査結果や山梨県の特…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら