[PR]

 おおぶ文化交流の杜(もり)図書館(大府市)の2015年度の貸出冊数が同規模(人口6万~10万人)の全国180自治体で1位となった。日本図書館協会の「日本の図書館統計と名簿2016」で分かった。人口1人当たりの貸出冊数も1位となるなど、背景には使いやすい図書館を追求する様々な工夫があるようだ。

 図書館は14年7月、旧中央図書館が移転新築して開館。全国で500以上の公共図書館を運営する図書館流通センター(TRC)が指定管理者となっている。貸し出しエリアは1フロア約2700平方メートル。高齢者や障害者、子どもも使いやすいように書棚は低めで、車いすでも移動できるように通路は広く設定。「子育て支援」「パソコン」などテーマ別の書棚も用意し、利用者目線を徹底した。

 自動貸し出し機や、開館中も使える自動返却ポスト、予約図書のセルフ貸し出しコーナーも備え、本やCDなどはICチップで管理している。閉館日は年末年始などを除いて、月3回から第3月曜日だけに減らし、作業の省力化とサービス向上の両立を図った。

 蔵書は約33万冊と決して多く…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら