4月末に自殺した仙台市立中学2年の男子生徒の遺族が、奥山恵美子市長や岡部恒司市議会議長らあてに2度目の要望書を出した。いじめを解明する第三者委員会を速やかに設置することなどを求めている。

 13日の四十九日に合わせ、12日に郵送した。市教委の第三者委をめぐっては、現状の半数に上る委員3人が辞任の意向を示している。要望書では、「新たな委員の選任まで時間を要し、調査が始まるめどが立たないとの報道を見て憤りを感じる」とし、遺族が推薦した3団体を委員に加えて速やかに調査を始めるよう求めた。

 また、第三者委が市教委の付属機関になっている現状では「公平性、中立性が確保されていない」として、設置の根拠になっている条例を見直すことも要望した。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら