[PR]

 架空取引でリクルートホールディングス(東京都中央区)から約1400万円を詐取したとして、警視庁は13日、同社子会社の「リクルートライフスタイル」元社員、熊切剛容疑者(32)=東京都荒川区=ら男2人を詐欺容疑で逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 捜査2課によると、熊切容疑者は、同社社員だった2015年7月下旬から昨年1月下旬ごろ、スマートフォンのアプリの開発支援名目で、同社宛ての架空の請求書を取引先のIT会社社長の男(35)=同容疑で逮捕=に作らせ、計約1400万円をリクルートホールディングス名義の口座からIT会社名義の口座に振り込ませた疑いがある。

 同課によると、詐取した金の大半は、熊切容疑者が株の取引や借金の返済に充てたとみられるという。

 リクルートホールディングスは「警察の捜査に協力したい」としている。