写真・図版

[PR]

 卵子の提供や凍結保存についての一般人の意識調査をした岡山大の中塚幹也教授らの研究班は24日、公開セミナーを岡山大医学部内で開き、卵子提供に肯定的な人が7割を超えるなど、結果の詳細を報告する。

 卵子提供に関する法整備が進まない中、今年1月、神戸のNPOの仲介で、匿名第三者の無償提供卵子を使った赤ちゃんが国内で初めて誕生した。海外で卵子提供を受ける人もいる。

 このような状況の中、一般人はどう考えているのかを探るため、中塚教授らは文部科学省と日本学術振興会の科学研究費助成を受け、2016年に約1300人規模の全国調査をした。

 セミナーでは、調査で見えた、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら