[PR]

 朝ドラ「ひよっこ」(NHK、月~土曜朝8時)で、ヒロインみね子(有村架純)と同じアパートに暮らす慶応大学の学生で、御曹司の島谷純一郎を演じる竹内涼真さん。公開中の映画「帝一の國」や昨年公開の「青空エール」をはじめ、いま注目の若手俳優です。かつて夢中になったサッカーへの思いや、「調子に乗る」ことへの考え方を語ってくれました。

 ――「ひよっこ」では、どんな役ですか?

 真面目で頭のいい子なんですよ。お金持ちの家に生まれて、それを一種のコンプレックスに感じている。その感覚の違いも普通に暮らしてて感じたりして、そのギャップが自分ではあんまり前向きに思えていなくて。

 みんなと一緒のようにいたいんだけど、やっぱ、育ってきた環境ってあると思うんで、やっぱりあわない。でも、なんかアパートの住民の人たちと関わっていくごとに、少しずつ自分のいままでなかった気持ちだったりとか、いろんなものを知れて、すごく楽しいなって思ってる。

 そんなに感情とかが表にバンと出るタイプじゃないので、すごく落ち着いていて、何事も冷静に頭でしっかり考えて、しゃべって、人のことよく見て観察して。でも、その中でみね子ちゃんと出会って、不思議な感じを受ける。「初めてだな」って。頭で考えて、というより、一生懸命がんばって突破することが、かわいいなって思えてくる、みたいな感じですね。

 ――勉強が出来る好青年という役どころが多いですね。

 勉強苦手なんですけどね。まったくやってこなかったので。

 ――サッカー中心だったから?

 いや、サボってただけです。両立出来る人はいるんで。

 自分でさわやかだとは思っていないですけど、「さわやかだね」って言ってもらえるのはうれしいです。

 隙間産業なんで。いま「さわやか」が空いていて、僕のことを当てはめようって思って頂けるなら、それはもう全力の「さわやか」でお応えします。うれしいですからね、やっぱり。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら