[PR]

 女性を盗撮しようとしたとして、警視庁が同庁特科車両隊所属の20代の男性巡査長を東京都迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕していたことが14日、同庁への取材でわかった。容疑を認め「盗撮した」と話しているという。

 同庁によると、巡査長は6日午後3時ごろ、東京都多摩市のゲームセンターで、客の女性のスカート内にスマートフォンを差し向け、盗撮しようとした疑いがある。盗撮の様子を見ていた別の客が巡査長を取り押さえたという。