[PR]

絵本作家・加藤休ミさん

 クレヨンで描く食べものが、写真以上にリアルな絵本作家の加藤休ミさん。「おいしそうに描く」ようになったいきさつや、大好物で試みた「実験」とは?

 ――「きょうのごはん」(偕成社)は、クレヨンやオイルパステルで描いた魚や料理が本物みたいです。

 同じ画材で油絵のように風景を描く人はいますが、私は「こんがり焼けたサンマ」。クレヨンでおいしそうに描けるか挑みました。商店街や家々を歩き回るネコが見かける夕食の様子を描いています。

 気に入っているのは、揚げたてのコロッケ。半月かけて色を重ねたり直したりして、衣のカラリ感や焦げた感じを出しました。あんな質感、二度は描けないかもしれません。

 クレヨンを塗り、滑らかに伸びるオイルパステルを重ねて混ぜ合わせたり、混ぜたくなければニスを塗って保護したり。そこに、カッターの刃先や削ったつまようじの先で線を描きます。教わったことはなく、試してきました。

 「これがクレヨン画?」とびっくりしてほしいのに、気づいてもらえないことも多い。クレヨンのイメージとかけ離れているのかもしれません。

 ――クレヨンやオイルパステルだけで描く理由は?

 人と違うことをして面白がられ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら