[PR]

 北アルプス・立山連峰のふもと富山県立山町に、雪解け時期限定のハンノキ滝(右、約500メートル)が現れ、常に流れ落ちる滝として落差日本一の称名(しょうみょう)滝(約350メートル)と共に、V字を描いている。町によると、今年は積雪が多かったため、6月いっぱいは見ることができそうだという。

 現在は、落石の危険があり、近くまで行くことはできないが、途中の称名平駐車場付近からは、ハンノキ滝を見ることができる。(本社ヘリから、内田光撮影)