[PR]

 果物や野菜、魚や動物などのモチーフを組み合わせて描いた肖像画で知られる、ジュゼッペ・アルチンボルドの代表作を集めた「アルチンボルド展」(朝日新聞社など主催)が20日、東京・上野の国立西洋美術館で開幕した。16世紀後半、名門ハプスブルグ家で活躍した奇想の宮廷画家で、日本での本格的な作品紹介は初めて。二つの連作「四季」「四大元素」の油彩画を中心に、あわせて約100点を展示している。9月24日まで。一般1600円など。