[PR]

■特派員リポート 其山史晃(イスタンブール支局長)

 トルコのエルドアン大統領が、自らが創設した親イスラム与党「公正発展党」(AKP)の党首に再び就任した。4月16日の国民投票で成立した憲法改正により、従来の議院内閣制を廃し、強大な行政権力を大統領に集中する大統領制が2019年から導入される。党創設以来の熱狂的な支持者に支えられるエルドアン氏だが、国民投票の結果や市民の生の声からは社会の分断も垣間見える。初代「実権型大統領」就任に向け、エルドアン氏のかじ取りが注目される。

     ◇

5月21日、首都アンカラのアリ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら