[PR]

 宮崎市のコチョウラン農家の勢いが止まらない。後発の産地だが、13戸の農家が共に試行錯誤して質を高め、四半世紀で売り上げは80倍に。質の高さから単価は全国トップクラスとなり、他の有力産地からも一目置かれている。

 4月下旬、宮崎市広原の田園地帯にある藤原伸太さん(42)の農場に13戸の農家が集まった。ハウスの中には一面に白やピンクのコチョウランがずらり。育ち具合を確かめながら、「肥料のこの濃度がいい」「この品種がいい」などとアドバイスしあう。

 13戸は宮崎市でコチョウランを生産するJA宮崎中央洋ラン部会のメンバー。月1回、各ハウスを回って情報を共有する。近年では年3回、部会で台湾やタイへ視察し、質の高い苗を買う。2014年の宮崎県のコチョウラン作付面積は全国5位。市外の農家は県内に1戸しかいない。

 部会ができたのは1989年。ピーマンやメロンを作っていた農家19戸が、それまでの施設の老朽化やJAが苗を供給し始めたことを機にコチョウランへ転作して間もないころだった。近藤邦浩さん(70)は「あの頃は福岡が大きな産地で、宮崎は相手にされなくて市場に安くたたかれた」と振り返る。

 部会長の桑畑新一さん(46)によると、コチョウランは単価が1鉢2万円ほど差がつくため、多くの農家は栽培技術を隠したがるという。だが宮崎は後発の産地。採算が合わず辞める農家もいる中、「このままではつぶれてしまう」という危機感が団結力を生み、積極的に情報を共有した。他産地を視察し、新しい資材や苗、肥料を試した。

 10年ほど前に植え込み材料を「プレサブ」という木のチップに変えたのが大きな転機となった。近藤さんは「根の張りが全然違う。人間で言うと胃袋が丈夫で元気になったから花の大きさや持ちがよくなった」。なかには半年持つものもできたという。

 日照時間が長いという地の利も後押しし、次第に安定して高品質なものを出荷できるようになった。JA宮崎中央果樹花卉(かき)課の押川浩二主幹(35)は「部会のコチョウラン農家は意欲が強くガツガツしている。みんなで試すからゴールに近づくのが早い」と話す。

 10年から、年1回の品評会に…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら