写真・図版
[PR]

 歯の検査を受けたところ、下の左右の親知らずが斜めに生えていると指摘されました。痛みはないのでできれば抜きたくないのですが……。親知らずの対処法について、歯科医に聞いてみました。

 親知らずとは、真ん中の歯から数えて8番目にある第3大臼歯のこと。一般的に17歳ごろから成人にかけて生えてくるが、先天的に生えてこない場合もある。生え方は様々で、①真っすぐ正常に生えている②傾いて歯ぐきから一部だけ出ている③歯ぐきの中に埋まっている、などの場合がある。

 親知らずはどんなトラブルを招きやすいのか。東京医科歯科大の原田浩之教授(口腔(こうくう)外科)によると、歯が傾いて生えていると親知らずと歯ぐきの間に隙間ができるため、汚れがたまって歯ぐきの炎症が起きやすい。また、歯ブラシが届きにくいので虫歯もできやすい。歯のかみ合わせが悪くなることで、あごが痛くなる症状が出る場合もあるという。いずれかの症状が悪化するようならば、親知らずを抜く必要がある。

 親知らずが上下真っすぐ生えて…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら