[PR]

 東京電力福島第一原発3号機の原子炉格納容器内を調査する水中ロボットが15日、神奈川県横須賀市で報道陣に公開された。東芝と国際廃炉研究開発機構が開発した。7月に投入される予定で、溶け落ちた核燃料の撮影を狙う。

 東電の分析によると、3号機では核燃料のほとんどが圧力容器から溶け落ち、格納容器の底にたまっているとみられる。格納容器内の冷却水の水位は約6・3メートルあり、圧力容器より下は水につかっているため、水中ロボットの開発が必要だった。

 ロボットは長さ約30センチ、直径約13センチ。五つのスクリューで水中を前後と上下に動く。2台のカメラや線量計が取り付けられている。格納容器の開口部から投入され、核燃料の形状や広がり具合を調査する。

 東電の担当者は「核燃料の撮影が一番の目標。最低限でも、炉内の損傷状況を撮影したい」と話した。

 東電は2015年10月に3号機にカメラを投入。格納容器の内壁近くを撮影したが、核燃料は確認できていない。(富田洸平)