[PR]

 「お母さんがいなくなった」

 昨年暮れ、新潟県北部の町に暮らす男性は、姉から連絡を受けた。母は69歳。10キロほど離れた隣町の実家に駆けつけた。

 4日分の新聞がたまり、普段は整理されている部屋に、食べかけの菓子パンとスナック菓子、スリッパが散乱していた。

 警察に届けを出し、仕事の合間に捜し回った。近所の人から、自分が知らない母の様子を聞いた。「夜中に家の電気がついていた」「深夜にゴミを出していた」。昼夜が逆転していた。

 予兆は、あった。

 12年前に父が他界し、母は一…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら