[PR]

 黒田東彦(はるひこ)・日本銀行総裁の16日の記者会見はまったく期待はずれだった。異次元の金融緩和から政策を正常化させる「出口」の手順や経済に与えるショックについて、総裁が初めて語るかどうかが注目されたが、結局はゼロ回答だった。

 黒田氏はこの日、米欧の中央銀行が超金融緩和の出口戦略を進めたり、出口をうかがう姿勢を強めたりしている現状にふれ、日銀も出口に関する説明をするよう求める声が増えていることは認めた。「出口論は時期尚早」という、おきまりのフレーズもこの日は封印していた。

 自民党の行政改革推進本部(本部長・河野太郎衆院議員)が出口の説明を求める提言を出しており、これまでのような、とりつく島のない説明ではすまないという意識はあったのだろう。

 とはいえ、結局は「正常化や出…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら