[PR]

 両手を合わせてハートマークをつくる少女たち――。JR名古屋駅前で大型店2店を展開するビックカメラが「萌(も)えキャラ」を電子広告に登場させ、店舗をPRしている。

 ビックカメラは、キャラクターを使って店舗を擬人化する企画を進めている。今回は名古屋駅西店の「なごやたん」(右)と、今春開業した名古屋JRゲートタワー店の「なごやげーとたん」が登場した。

 東京都以外で、駅を挟んで大型店が複数営業しているのは名古屋のみ。ビックカメラの広報担当者は「駅を挟んで2店舗あることがわかりやすく伝わるのでは」と話す。この広告は、JR名古屋駅構内や、名古屋駅地下街「ゲートウォーク」で掲示されている。(戸村登)