[PR]

 学校法人森友学園(大阪市)による大阪府の補助金不正受給疑惑で、籠池泰典・前理事長(64)の詐欺容疑を立証するため、大阪地検特捜部が学園運営の幼稚園の元職員や元園児の保護者らに事情を聴いていることが関係者への取材でわかった。特捜部は強制捜査が不可欠と判断、近く学園の関係先の家宅捜索に乗り出す方針を固めた。

 籠池氏をめぐっては、幼稚園の教員数などに応じた補助金を不正受給した詐欺容疑で府が告訴したほか、小学校建設で国の補助金を不正に受給した補助金適正化法違反容疑の告発もあり特捜部が受理している。

 府によると、幼稚園の教員数に伴い支給される補助金と、障害があり支援が必要な園児数に応じて支払われる補助金計約6200万円の受給に際し、虚偽の申告をしていた疑いがある。また、幼稚園の元PTA会長が、長女が支援の必要な園児として無断で補助金申請されたとして詐欺容疑などで告発し、いずれも特捜部が受理していた。

 関係者によると、特捜部は幼稚…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら