【動画】和歌山の各地で開かれる餅まきに夢中の人たち。大餅もゲット=土井恵里奈、金居達朗撮影
[PR]

■「まだまだ勝手に関西遺産」

 和歌山県民は、いつでも、どこでも、餅をまく。例えば、祭り、学校行事、集会。その数は、県内で年に数百回とも、千回に及ぶとも言われる。日時や場所が書き込まれた「餅まきカレンダー」もあるほどだ。

 「投げてー」「こっちもほってー」「痛たた」

 6月15日、和歌山県高野町の金剛峰寺(こんごうぶじ)。弘法大師の生誕を祝う青葉まつりのフィナーレが、餅まきだ。駐車場に設けられた舞台から、約140キロ分の餅が次々に降り注ぐ。

 幼子の手を引いた女性や、地元の学生、杖を片手にしたお年寄りら大勢の老若男女が集まっていた。町立高野山中学校の生徒たちは「年配者の方が僕らよりすごい」と口をそろえる。「下に落ちた餅を拾おうとしたら、横から取られた」。餅まきで人生の厳しさを学んでいるようだ。

 スペインから来たエレナ・ヘレーロさん(32)は「何人かとぶつかったけど、楽しくて興味深い」。初来日で、日本語は話せない。でも、餅まきなら、見よう見まねでできる。

 一般的には、餅まきは家の棟上げで行われる。だが、和歌山ではあらゆる機会に餅をまく。5月の憲法記念日の集会で弁護士らが和歌山城で餅をまき、紀州鉄道の車両の引退セレモニーで、乗車した高校生が窓から餅をまいた。県北部の紀の川市ではパラグライダーからパラシュート付きの餅をまき、県南部の田辺市龍神村では夜、暗闇の中で餅をまく。餅に蛍光テープを貼り、その名も「夜のホっタルもちまき」。飛び交う餅が蛍のように見えるらしい。

 餅の種類もさまざまだ。神社の櫓(やぐら)から畳1畳サイズの餅が落ちてきて、みんなでちぎり合うケースもある。餅の代わりに、鯛(たい)やパン、タワシが宙を舞う地域も。餅を受けやすい専用エプロンまである。

 「餅まきカレンダー」をつくっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら